Category : nine店舗計画 2015-16

テレビ台と我が家のダイニング

脚は無事にテレビ台に取り付けられました。 ni...

続きを読む

脚は無事にテレビ台に取り付けられました。

nineのお店は自宅も兼用となっておりますので、入口(玄関)のドアを開けるといきなり写真のようにドーンとリビング&キッチンが見えます。実際ここで毎日食事をしています。自分の作った家具を使って生活しているのをそのまま見てもらおうというコンセプトです。多少の生活感があっても良いじゃないかと。何年テーブルを使うとこんな風になるとか、何畳の部屋にこのくらいの大きさの座卓を置くとこんなサイズ感です。というのを実際に体感してもらえるのが説得力があって良いじゃないかと。そんな思いでお店とお家をつくりました。是非体感しに来てください。

重い腰をようやく

nineの店舗兼住宅が完成してから1年半経ち...

続きを読む

nineの店舗兼住宅が完成してから1年半経ちますが、未だ自分で作ろうとしていて完成していないものがいくつかあります。キッチンや洗面台は引き渡し時に。トイレの扉やちょっとした建具、収納などは住み始めてからちょこちょこと。そしてようやく店舗部分の壁面収納に取り掛かりました。と言っても注文を受けている家具の納期も気になるので下段のみの設置となりました。床のコンクリートが凸凹だったり、幅をぴったりサイズで作りすぎたりで設置に苦労しましたがなんとか収まりまりました。苦手です現場仕事。上段は本棚になる予定ですが時間を見て楽しみながらやりたいと思います。結構なサイズなので搬入が盛り上がりそうです。

お家の取材

先日お家の取材をお受けしました。9月くらいに刊行だそ...

続きを読む

先日お家の取材をお受けしました。9月くらいに刊行だそうです。カメラマンさんとデザイナーさんがロフトに登って何やら盛り上がっています。こんな角度から建物を撮れる機会はないと嬉々として仕事をしておられます。楽しそうに仕事をされているときっと良いものができそうな気にさせられます。仕上がりがとても楽しみです。

お店について

引っ越し以来少しずつではありますがお客さんに新しい場...

続きを読む

引っ越し以来少しずつではありますがお客さんに新しい場所に家具を見に来て頂いております。しかしまだまだお店として整っておらず、正式なオープンに向けて着々と準備を進めております。雪も溶けて出歩きやすくなり始めるであろう3月下旬にお店のオープンを予定しております。新たな場所でのご挨拶を兼ねたオープニングイベントも開催する予定なので皆さまどうぞお楽しみに。また追って詳細をご連絡します。

照明

だんだん日が長くなってくるのを感じる今日この頃です。...

続きを読む

だんだん日が長くなってくるのを感じる今日この頃です。日が暮れたあとにお店の照明をつけると闇にぼんやりとお店が浮かび上がり、降り積もった雪と相まってとてもよい雰囲気です。たまには夜営業なんかも悪くないかもと思ってみたりもするのでした。

格子窓 -自主施工-

こちらも昨年中にガラスが間に合わず完成しなかった...

続きを読む

こちらも昨年中にガラスが間に合わず完成しなかった室内の窓。二枚ほぞでしっかり組んでいます。ガラスなくてもとりあえず取り付けてみました。見通しが明るく縁起が良さそうという事で許してもらいましょう。格子があると可愛らしい印象になりますね。

穴ぐら 自主施工ー番外編ー

屋根裏に収納スペースがあるのですがそのうちの一つは...

続きを読む

屋根裏に収納スペースがあるのですがそのうちの一つは通称穴ぐらと呼んでいます。写真の通りに人がギリギリですり抜けられるくらいの穴です。なんとそこの奥の奥までしっかりとクロスが貼ってあるし巾木も取り付けてくれています。大変だっただろうな...ここまでやって頂いたのなら我々も奥までしっかり塗らせてもらいます。こういう狭い隙間とか押し入れとかに入るの結構好きだったりします。

自主施工ー床塗装編ー

この日はコンクリート床の補強材の塗布と屋根裏の...

続きを読む

この日はコンクリート床の補強材の塗布と屋根裏の床のペンキ塗りを自分たちでやらせて頂きました。慣れない作業で腰がイタタで延びてしまっているひともおりましたが、楽しく塗り塗りできました。仕上がりは素人仕事なので大味な感じですがそれもまた良しです。翌日は栗のフローリングのオイルフィニッシュと屋根裏床の2度塗り。さらなる助っ人たちのお力をお借りして予定よりも余裕をもって終了できました。現場監督がばっちり掃除をしておいてくれたのがスムーズに作業を進められた要因。やっぱり下準備は大事。

キッチン天板取り付け

キッチンに天板を取り付けました。ご機嫌で現場...

続きを読む

キッチンに天板を取り付けました。ご機嫌で現場仕事をしている様子が激写されています。木の無垢材のテーブルトップにするかステンレスのものにするか美紀さんと散々悩んだ末にハーフハーフでいく事にしました。少し実験的ではありますがnineらしいものになったと思います。30㎜厚のオーク無垢材と3㎜厚の無垢ステンレスカウンターの組み合わせです。

材料支給

収納の間仕切りとカウンターの天板を普段よく使用してい...

続きを読む

収納の間仕切りとカウンターの天板を普段よく使用している広葉樹の無垢材でいくことに。間仕切りはブナ材をはぎ合わせています。カウンターはナラ材の柾目を使うことにしました。お家の建具としてのイメージよりも置く家具にイメージを寄せたいという意図があります。

造作キッチン 自主施工

少しずつ形になってきました。うちのキッチンは食洗機も...

続きを読む

少しずつ形になってきました。うちのキッチンは食洗機も浄水器もなくとてもシンプルなものです。私たちの暮らしぶりからすると必要なしという事になりました。お家を建てるプランを練ることは自分たちの暮らしとしっかり向かい合うという事でした。計画段階の時は形や機材ばかりを考えていたのですが、必要な形は自ずと決まってくるような気がします。実際使い始めたら希望通りなのか、それともどのような誤差がでてくるのか楽しみでもあります。

フローリング材

先日フローリング材を搬入して頂きました。長野県産の...

続きを読む

先日フローリング材を搬入して頂きました。長野県産の栗材です。外壁の唐松材と同様に建築士さんのお知り合いの山師の方にお願いして山から切ってきて、乾燥させて製材してもらったものです。(伐採の様子が暮らしと建築社さんのHPに)材料を無駄に使いたくない為に幅が4種類に分かれています。乱幅というやつです。大工さんにはお手数をかけてしまいますが、ピシッと幅がそろっているより自然な感じがしてとても気に入っています。シミュレーションでちょっと並べて見え方を検討しました。栗材は初めは黄色味がかった感じですが、使い込むほどに飴色に深みが増してくるのがとても楽しみです。こちらもオイルフィニッシュです。

内装工事

内装工事がどんどん進んでゆきます。何でも現場で切って...

続きを読む

内装工事がどんどん進んでゆきます。何でも現場で切って削ってつくってしまう大工さんはすごいなぁと思います。作業台さえベニヤでちょいちょいとこしらえますもの。家具屋はコウバで製作して現場で設置というやり方です。

外壁塗装2回目

外壁が張り上がって2度目の塗装をしました。しっかり塗...

続きを読む

外壁が張り上がって2度目の塗装をしました。しっかり塗膜ができて雨を弾いてくれていますが何分オイルを塗っているだけなのでしっかりとメンテナンスをして経年変化を楽しみたいと思っています。美紀さんも農作業用のほっかむりを被って頑張ってくれました。

木曽路

気分転換を兼ねて単独木曽までドライブ。木曽は私が家具製...

続きを読む

気分転換を兼ねて単独木曽までドライブ。木曽は私が家具製作の基礎を学んだ訓練校があるところ。14年ぶりに訪れた木曽、上松町はあの頃後先も考えずに家具製作の世界に飛び込んだ甘酸っぱい思い出と、言いようもない不安な気持ちを鮮明に蘇らせてくれました。今もこうして良いご縁に恵まれて家具をつくる仕事を続けてこれた事、これから進むべき方向ややるべき事をじっくり考えることができた良いドライブでした。何より山の紅葉が綺麗でした。
本来の木曽行きの目的は、nine新店舗&住居を設計監理して頂いている暮らしと建築社さんのオープンハウスの見学。もちろん設計を依頼する前後も何回か完成見学会にお邪魔しているのですが、自主施工でキッチンや家具を製作する上でこの製作直前のタイミングでディテールや使用している素材が同じ建物を見られる事はとても勉強になり、何よりどのような家具をつくるべきかイメージが湧いてきます。インスパイアされるというのでしょうか。家具の試作をするときもそう、やはり図面だけでなく現物と合わせていくほうが性に合うようです。良い製作になるように頑張らねばです。

外壁

唐松の外壁が張られて行きます。材木の無駄がでないよう...

続きを読む

唐松の外壁が張られて行きます。材木の無駄がでないように幅が一定ではありません。乱幅というやつです。既製品感がない自然な感じがでますが、張る大工さんはちょっとややこしくて大変です。柾目の木目がとても上品な雰囲気を醸しております。

自主施工 外壁塗装

週末の久しぶりの晴れ間を狙って、建設中の駐車スペース...

続きを読む

週末の久しぶりの晴れ間を狙って、建設中の駐車スペースで外壁の塗装を行いました。実家は稲刈りで忙しいのですが今回ばかりはこちら優先でご勘弁を。外壁は設計士さんのお知り合いの山師の方から購入。設計士さん自らトラックで搬入して頂きました。材は長野県産の唐松で、しかも柾目。なんとも贅沢です。塗料は上品な木目を活かすためにオスモのクリアー仕上げにします。塗り始め、すでに柾目の美しさにうっとりしています。

自主施工

ちょっとでも自分で自分の家をつくるのはとても良いこと...

続きを読む

ちょっとでも自分で自分の家をつくるのはとても良いことだと思います。工務店さんにはご迷惑が掛かるかもですが、経費も削減できますしなにより愛着が増します。幸運にも私は家具をつくれるのでキッチンや洗面台、一部建具などを製作する予定です。この日は美紀さんと共に防蟻剤の散布。実家の農薬散布用のイカツイ噴霧器をお借りしてあっという間に作業終了。週末は外壁にオイルを塗布する予定です。

上棟

順調に工事が進んでいます。先週末無事に上棟式を終えま...

続きを読む

順調に工事が進んでいます。先週末無事に上棟式を終えました。大工さんの仕事はダイナミックでどんどんと形になってゆきます。11月の完成を目指して安全作業でよろしくお願いします。

店舗計画

お店 6年前に家具屋として独立開業することを決...

続きを読む

お店

6年前に家具屋として独立開業することを決心した時、大阪から長岡に戻ったらすぐに場所を借りてお店を構えるのだろうと思っていた。しかし現実はそんなに簡単ではなかった。

開業にあたり潤沢な予算があるわけではなかったが、実家の農作業小屋を家具工房として使用することができたのでお店を借りる余裕はあった。しかし探し方が甘かったのかもしれないが長岡の物件は高額な家賃のものばかり。住居と店舗が一緒なら一番よかったのだが、ご縁がなく希望の物件になかなか巡り合わない。結局一軒家を借りてその8畳ほどの一部屋を改造して商談室兼ショールーム&撮影スペース(中二階studio)にしてnineは長岡で家具の製作販売をスタートさせた。

さまざまなイベントに参加しワークショップなどをしつつ長岡で家具作ってますと宣伝し、興味のある方に中二階に来てもらって相談させてもらう形をとっていたがやはり限界がある。「お店はどこにあるんですか?」と聞かれる度に心苦しく、または悔しい気持ちにもなったりした。商品も増えてくると狭い中二階はすぐいっぱいになり写真撮影さえままならない。

諦めずに不動産屋をチェックしたり、検索範囲を見附市や三条市まで広げて面白そうな物件を紹介してもらったりもした。新潟市の古いビルの話しも飛びつきたいほどだった。しかし、コウバで家具をつくって、子供を育て家族で生活し、お店を切り盛りしていくという私たちの暮らし方を考えると場所的(距離的)に現実味がなかった。

そして3年が経過し美紀さんと熟考を重ねようやく一つの結論に達する。家具の販売ができて製作しているところも見れる、しかも生活で使っている家具がそのまま見れるそんな場所。

『お店もコウバもお家も一緒に建てるしかない!』

ゼロから建てるなんて自分たちの身の丈に合ってないかもしれない、けれども住居と店舗の家賃をまとめたら結構な額になってしまうし、それならばもし融資が受けられればそれを返済していった方が可能性があるのではないか。

果たして我々に実現可能な夢なのだろうか。こうしてnineの店舗兼住宅計画は現実を知らなさすぎる熱い想いだけでスタートしたのでした。

基礎工事

梅雨なのにそれほど雨も降らず基礎工事にはいい塩梅...

続きを読む

梅雨なのにそれほど雨も降らず基礎工事にはいい塩梅です。着々と工事は進んでゆきます。地盤改良工事を終え配筋、そしてコンクリート打設が完了しました。見るからにがっちりした基礎で豪雪にも楽々耐えてくれそうです。間取りの形が見えてきて妄想が膨らみます。

地盤を改良する

地盤改良の工事が進められて行きます。昔は暴れ川だった...

続きを読む

地盤改良の工事が進められて行きます。昔は暴れ川だった信濃川の流域に位置するここ越後長岡は地盤があまりよろしくないようです。改良をする分費用はかかってしまうのですがやはり安心して住めるに越したことはありません。地盤、基礎はしっかりとしていないと。建物だけではなくいろんなことに言えることですね。しかし重機があるだけでワクワクしてしまいます。

地鎮祭

地鎮祭のときに少しでも雨が降るのは縁起の良い事だそうです...

続きを読む

地鎮祭のときに少しでも雨が降るのは縁起の良い事だそうです。
小雨のぱらつくなか粛々と行われた地鎮祭。神主さんの横笛が印象的でとても感慨深い式でした。その後工事契約をして、建設会社さんのご好意でみんなで昼食を頂きました。
いろんな人にご迷惑をかけながらも、ようやくここまで漕ぎ着けました。
nine店舗兼自宅計画、いよいよ着工です。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。 昨年末は20...

続きを読む

新年明けましておめでとうございます。
昨年末は2014年が暮れてゆくと言うより今年へ続いてゆくというか繋がっていく感じがとてもしていました。昨年の仕事や出会った人たちの影響でしょうか。皆さま2014年は本当にお世話になりました。
30代をいかに過ごすかでどんな40代になるかが決まってくると先輩方に言われてきましたが、いよいよ30代も終盤戦です。2015年が30代の集大成となる1年になるように日々の暮らしをより大切にしていきたいと思います。
今年は写真の場所に店舗兼用の住宅を建てます!(写真は昨年に地盤調査をした時のものです。雪もまだ積もっていません。)設計士さんに知恵を絞って貰いじっくり準備してきた事がいよいよ雪融けとともに着工する予定です。我々にしかできないこと、ここでしかできないことをこの場所で実践してゆけたらと思っています。
皆さま本年もどうぞよろしくお願いします。
1