2015年7月

納品事例 三条市 K邸

三条の自然に囲まれたお家に納品された椅子たちです。...

続きを読む

三条の自然に囲まれたお家に納品された椅子たちです。アイランドキッチンからそのまま伸びたダイニングテーブルにナインチェアとナインウィンザーチェアが並びます。椅子は4脚とも形は違えど自然と雰囲気が揃っています。

店舗計画

お店 6年前に家具屋として独立開業することを決...

続きを読む

お店

6年前に家具屋として独立開業することを決心した時、大阪から長岡に戻ったらすぐに場所を借りてお店を構えるのだろうと思っていた。しかし現実はそんなに簡単ではなかった。

開業にあたり潤沢な予算があるわけではなかったが、実家の農作業小屋を家具工房として使用することができたのでお店を借りる余裕はあった。しかし探し方が甘かったのかもしれないが長岡の物件は高額な家賃のものばかり。住居と店舗が一緒なら一番よかったのだが、ご縁がなく希望の物件になかなか巡り合わない。結局一軒家を借りてその8畳ほどの一部屋を改造して商談室兼ショールーム&撮影スペース(中二階studio)にしてnineは長岡で家具の製作販売をスタートさせた。

さまざまなイベントに参加しワークショップなどをしつつ長岡で家具作ってますと宣伝し、興味のある方に中二階に来てもらって相談させてもらう形をとっていたがやはり限界がある。「お店はどこにあるんですか?」と聞かれる度に心苦しく、または悔しい気持ちにもなったりした。商品も増えてくると狭い中二階はすぐいっぱいになり写真撮影さえままならない。

諦めずに不動産屋をチェックしたり、検索範囲を見附市や三条市まで広げて面白そうな物件を紹介してもらったりもした。新潟市の古いビルの話しも飛びつきたいほどだった。しかし、コウバで家具をつくって、子供を育て家族で生活し、お店を切り盛りしていくという私たちの暮らし方を考えると場所的(距離的)に現実味がなかった。

そして3年が経過し美紀さんと熟考を重ねようやく一つの結論に達する。家具の販売ができて製作しているところも見れる、しかも生活で使っている家具がそのまま見れるそんな場所。

『お店もコウバもお家も一緒に建てるしかない!』

ゼロから建てるなんて自分たちの身の丈に合ってないかもしれない、けれども住居と店舗の家賃をまとめたら結構な額になってしまうし、それならばもし融資が受けられればそれを返済していった方が可能性があるのではないか。

果たして我々に実現可能な夢なのだろうか。こうしてnineの店舗兼住宅計画は現実を知らなさすぎる熱い想いだけでスタートしたのでした。

納品事例 新潟市 Y邸

広々と開放的なLDKにダイニングテーブルとウィンザー...

続きを読む

広々と開放的なLDKにダイニングテーブルとウィンザーチェア、ベンチを納品しました。奥のキッチンスペースには以前ご購入していただいたさをりスツールが踏み台としても活躍してくれています。

基礎工事

梅雨なのにそれほど雨も降らず基礎工事にはいい塩梅...

続きを読む

梅雨なのにそれほど雨も降らず基礎工事にはいい塩梅です。着々と工事は進んでゆきます。地盤改良工事を終え配筋、そしてコンクリート打設が完了しました。見るからにがっちりした基礎で豪雪にも楽々耐えてくれそうです。間取りの形が見えてきて妄想が膨らみます。

1