新作椅子リリース

 

新しい椅子が完成しました。

名前はnord (ノール)。

nordとは欧州の国々の言語で、「北」や欧州圏における「北欧」を意味する単語です。

私が家具製作にのめり込むきっかけになった理由のひとつに北欧家具との出会いがあります。スタイリッシュで温もりを感じる家具に衝撃を受けたことは今でも覚えています。

私の製作は北欧家具の模倣から始まり、やがて自分のオリジナルを模索するようになりました。最近ようやく良いと感じるものを咀嚼し、日本人としての自分のフィルターを通して自分の家具表現ができつつあるのかなと思っています。

一見すると北欧の趣きがありますが、日本的な要素も併せ持つ佇まいの椅子になりました。私たちの暮らす住まいにも主張し過ぎることなく、寄り添ってくれることでしょう。

遠い北欧の国にリスペクトを込めて。nord (ノール)、よろしくお願いします。

 

商品詳細  https://nine-furniture.jp/products/

 

納品事例 新潟市「笹口の家リノベーション」見学会家具展示とともに

 

「笹口の家リノベーション」

お施主さんにオークのダイニングテーブルとナインチェアをご注文して頂いたご縁で、完成見学会用にnineの家具を展示してもらっております。おばあちゃん家の建具を再利用していて、受け継がれてゆく想いがとても愛おしい。これぞリノベーションの醍醐味ですね。
チークのパーケットフローリングとオーク、ナラ材の色の相性も非常に良く上質な印象を与えてくれます。展示用に持って行った新作椅子nordはアメリカンブラックチェリー材だったのですが、これもまたチークとの組み合わせが渋くてカッコ良く新たらな発見でした。

 

建築設計:ネイティブディメンションズ

施工:(有)ユーハウス工業

 

納品事例 上越市 「キウイ棚のある平屋」円い食卓

上越の暮らしの工房、岡沢さんが手掛けた「キウイ棚のある平屋」に円い食卓を納品しました。

テーブルにゆっくり腰を下ろすと、視線の先には伸びやかに広がる田畑とキウイ棚、さらにその向こうには雄大な妙高山、火打山。ダイニングに居ながらにして、上越の自然と一体化するような感覚を、日々の暮らしのなかで感じられる幸せ。季節ごとに違う味わいがありそうです。

せっかくなので、新作の椅子を持って行って写真撮影をさせてもらいました。ありがとうございました。空間にもよく馴染んでいたように思います。一番下の写真はシナ、ナラ、ブナ、チェリー、杉と多様な樹種を配された室内でしたが、緩やかに繋がる統一感がある様に感じます。自然素材、無垢材のおおらかさといったところでしょうか。

 

建築設計:暮らしの工房

 

「河渡の家 リノベーション」完成見学会で家具を展示させて頂きます

嬉しいことにこの河渡の家のお施主さんは、昨年6月にパネリストとして参加した講演会を聴きにきてくださっていて、そのご縁もありダイニングテーブルをご注文して頂きました。

そのパネルディスカッションの司会進行を務めてくださったのが、リノベーションを施工した宮崎建築の宮崎さん。そしてパネラーとして一緒に登壇したのが、リノベの基本設計・プランニングを担当した高橋良彰建築研究所の高橋さんという何という巡り合わせでしょうか、ありがたいご縁であります。

 

そんな「河渡の家 リノベーション」の完成見学会が開催されます。

参加希望の詳細等は宮崎建築さんのHPで確認して頂きたいのですが、

https://www.miyazakikenchiku.com/blog/2023/05/5446/

お声を掛けてもらい、期間中に施主さんがオーダーしてくださった円テーブルの他にも椅子やテレビボード、スツールなどの家具を展示して頂くことになりました。

高気密高断熱の施工で定評のある宮崎建築のお家と共にnineの家具もご体感いただき、新しい暮らしのイメージを膨らませてお楽しみください。

是非ご興味のある方は参加してみることをお勧めします!

【商品価格改定のお知らせ】

この度、椅子の価格を変更する運びとなりました。

原材料仕入価格の上昇が続いております。これまで材料を国産材に切り替えたり、色々と工夫をして価格の維持に努めてまいりましたが、椅子に関しては座面張りの加工などを外注にお願いしており、その価格が上がってしまい商品価格の維持が困難となりました。

そのため、大変心苦しいですが、6月1日(木)より販売価格を改定させていただくこととなりました。

5月31日(水)までにご注文頂いた商品に関しましては、旧価格でのご購入が可能です。現在ご検討中のお客様におかれましては、是非価格改定前でのご購入をご検討よろしくお願い致します。